寺町美術教室

写真をクリックすると作品が大きく見られます

2015年9月29日

木炭で描く夜の世界

カテゴリー 未分類 — admin @ 8:38 PM

今日の画材は 木炭と木炭紙

もちろん

初めて木炭を持った人がほとんど

まずは木炭紙の広さを感じてください

木炭は 上からつまむように軽く持ちます

でもこんなに大きな画面に描くんだから

指先だけではだめだよ 身体から動かして描こうね

線 を描いて

形 も描いて

消したり また描いたり ぬったり・・・

DSCN0229

試行錯誤の繰り返し

これが大切

普段 こんなに大胆には消さないでしょう

みんな 一回で出来上がり? じゃなくてね

やだな と思ったら消して

いいな と思ったら太く描いて

また消したり描いたり ぬったり・・・

こうして 繰り返すことで 見えてくるものがあるよ

さあ ここでやっとテーマを話します

「夜」

といっても お月様と星 だけじゃないの

動物でも 乗り物でも なんでも

いろんなものが夜なんです

まあ あまりテーマは考えなくてもいいの

自分が描きたいように 描いていきましょう

そのほうがいい!

DSCN0232

なにか 形が見えてきた?

DSCN0231

いろんなものが登場したね

DSCN0233

描きながらも試行錯誤

DSCN0234

すると 見えてくるものがある

DSCN0242

線と形の間から・・・生まれてきたよ~

「どうでしたか?」 「木炭おもしろかったでしょ?」

滑らかで 軽い動きを みんな好きになったみたい

すごく集中して描いてくれましたよ

手も腕も真っ黒!

そう 木炭は墨と一緒だからかなり汚れます

作品もね そのままじゃ大きいしとれるから(定着剤かけたとはいえ)

DSCN0252

こんな風に ポスター用の額縁に入れると・・・

作品が もうワンランクアップ?!ね

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする